時には孤独を潔しと感じられること

群れの中で、中心的人物にへつらい、媚びて安穏として生きるか、それともそんな群れの中で生きるくらいなら群れから飛び出し、孤独を潔しとして生きるか、それは本人の選択です。

もちろん、嫌なのに群れの中に留まろうとするには理由がつきもの。

曰く、子供のためとか、家族のためとか、誰かのためとか。

その言い訳は必ず自分ではなく周囲の人間を理由にしていることが特徴ですね。

スポンサーリンク

それはそれで、本人が納得すればいいだけのことで、他人にとやかく言われることでもないでしょう。

ただし、理由にされている人から見れば別。

自分を理由にして何かを我慢しているということを理解できるか、それとも理由とされるのが嫌と思うか、確認することが対人関係を発展させ、群れからの自立を果たせるかの鍵となります。

もし、誰かを理由にして群れの中にいる自分が犠牲となっていると思うのであれば、インドの宗教家、バグワン・シュリ・ラジニーシの言葉を噛み締めてください。

「もし、幸せになるために誰かを頼っていたら、あなたは奴隷になり、隷属し、囚われの身となる。そして、あなたは多くの人々に頼っている。彼らは皆、あなたの影の主人となり、その見返りにあなたを搾取しているのだ」

関連記事(一部広告含む):