相手の立場に立って考えよ

「おのれの欲せざるところを、人に施すことなかれ」という言葉がある。

だが、その上に、時には「おのれの欲するところを、人に施してはならない」場合も、ままある。

それは、自分の欲していることでも、相手が欲していないことがあるからだ。

ところが、いわゆる好人物といわれるような人は、相手のこの気持が見抜けない。

スポンサーリンク

これは相手の立場になって考えてみるという、いわゆる代理想像力に欠けているからである。

こうして、この好人物は、相手の迷惑に気がつかないまま、自分のやっていることは親切な行為だと信じ切って、おのれの欲するところを他人に押しつける。

世に、よい人といわれながら、とにかく敬遠される人物がいるのが、この例である。

自分の身を振り返って気をつけなければならない。

関連記事(一部広告含む):