食後は牛のようにゆったりと動く

Q:食後、すぐに横になると牛になる、これ迷信?

食べた後、横になるくらいで牛に変身してしまったら相撲取りはいなくなってしまいます。牛に変身するのを見たこともないので迷信であることは間違いありません。

もちろん、食べ終わってすぐに横になるのは行儀が悪いとされていたので、牛はその比喩に使われていただけであり、牛に罪はなく、また放牧されている牛の中に、食後すぐに横になったことで牛になってしまった、という人間がいるわけではありません。おそらく。

スポンサーリンク

むしろ食後は横になった方が健康的には良いのです。

食後は胃腸が消化作業を行うためにエネルギーを必要とします。

このエネルギーを運ぶのが血液ですね。

食後、すぐに動くと本来、消化器系に必要なエネルギーが他の運動部分、つまり筋肉に運ばれてしまうために消化作業が遅くなり、結果的に消化不良を招く可能性があるのです。

とくに横になる必要はありませんが、1人で、しかも自炊の状態であれば食後はソファにでも座ってTVでも見ている方が消化器系は働いてくれるので、牛のようにのんびりとした時間を過ごしてください。

ただし就寝前は消化して溜まったエネルギーが発散されず、蓄積(つまり脂肪となる)されるので肥満の原因になります。

これ、繰り返しているとホントに牛になっちゃうので気をつけてくださいね。

関連記事(一部広告含む):