女性の厄年は何歳の時?

女性の厄年も基本的には3回と言われています。

19歳、33歳、37歳の3回です。

ですが、61歳は男女共通としていて4回と数えるところや、37歳は小厄と言われ厄年としないところもあります。

自分の住む地域や、厄払いを行う神社などで確認してください。

女性の場合も、やはり人生の曲がり角に差し掛かる年齢を厄年としています。

10代も終わり頃になると、体は出産の準備が整います。

スポンサーリンク

30代になると女性ならではの病気なども出てきて、より注意が必要になります。

また、30代半ばには高齢出産と呼ばれる年齢にもなり、体調に気を付けなくてはいけません。

女性の大厄は33歳です。

30歳を過ぎると、女性は妊娠や出産に関連して、体に変化が現れます。

前厄と後厄も合わせると、女性の30代は6年間も厄年になっているのです。

それだけ、女性の30代は注意が必要ということなのでしょう。

厄年の厄払いも必要ですが、体調に気を付けるためにも、健康診断や人間ドッグに行くのもいいかもしれません。

古来から注意が必要と言われているのですから。

主婦をしていると会社勤めの人よりも、健康診断も行く機会も減りますので、厄年をいい機会として、ちゃんと診てもらいましょう。

関連記事(一部広告含む):