貴方が白い紙に書き込むこと

アメリカの作家、リチャード・バック氏の著書『イリュージョン』に、こんな一節が出てきます。

「いつも君は白い紙を持っている。

それはほとんどの場合、計算のための用紙として使用される。

しかし、もし君が望むなら、そこに現実を書き込むことが可能だ。

意味のないこと・・嘘・・

なんでも書き込むことができる。

スポンサーリンク

そして、もちろん、破り捨てるのも自由だ」

リチャード・バック氏は1970年に『かもめのジョナサン』という作品を出して一躍有名になった作家です。

食事を取るためだけに飛ぶカモメのなかで、飛ぶという行為に目覚めてしまったカモメの話です。

かもめのジョナサン・リビングストンはやがて仲間から疎まれようとも練習を重ね、ついにはカモメの飛ぶ能力を超越した技術を身につけます。

その後の展開は…興味を覚えた人はぜひ一読を。

けっして読んだ時間が無駄にならない作品です。

この『イリュージョン』は『かもめのジョナサン』よりも比喩が溢れている寓話です。

貴方は、貴方の白い紙をただの計算用紙にせず、何を書き込むことができますか?

『夢・願望』という、実現性のない話?

それとも目標を確立させて綿密な計画を立て、ポテンシャルを高める努力を積み重ねて実現させる話?

もちろん、何を書こうと自由です。

自己啓発とは、他人に認められるためにするものではなく、『成功』という自己満足を得るための手段なのですから。

関連記事(一部広告含む):