ペットロス症候群って何?

『ペットロス症候群』という言葉を聞いたことがありますか?

近年、ペットを飼う人たちの間で、この言葉は浸透してきました。

ペットロスとは、その通りペットを失うことです。

飼っていたペットを失うと、その喪失感が大きければ精神的にも身体的にも何かしらの症状が出てきます。

そのことを『ペットロス症候群』と呼ぶのです。

ペットとの別れはとても悲しく、大きなストレスが精神的にかかります。

そのペットを愛していたのなら、それに比例してより大きな喪失感があるでしょう。

スポンサーリンク

そのストレスが、精神疾患などを引き起こします。

うつ病にまでなる人や、胃潰瘍など身体的な症状が出る人もいます。

ペットは、人間に比べて寿命が短いものです。

今までペットを飼ったことのある人なら、悲しい別れをしてきたことがある人の方が多いのではないでしょうか。

そのときの悲しみや喪失感。

『命あるものは、いつか亡くなる』と頭の中では理解していても、やはり気持ちを整理できないでいたり、そのときの気持ちを軽んじていれば、いつまでも引きずってしまったりします。

ペットを失ったらペットロスにならないように、なっても立ち直れるようにしなくてはなりません。

ペットロス症候群は、ペットを飼う人なら誰でもなる可能性があるのです。

関連記事(一部広告含む):