知性のリズムを正確に刻むために

バイオリズムで知性Iといえば思考や記憶、分析や論理性、判断力や記憶力などになります。

知性は感情をコントロールする、と言われるようにこのふたつの境界線は曖昧ですね。

バイオリズムにおける知性を見ると、これらはAI、つまり人工知能の研究で進んでいる分野。

つまり情報処理能力ということになります。

最近では情報処理を元に学習することまで記憶するAIも誕生していますね。

知性に関してはAIが人間を追い越す日も遠くないでしょう。

スポンサーリンク

したがって感情と知性の境界線が曖昧なことは人間らしいこと。

分析や論理性だけでなく、感情が加味されて判断するのはAIにはできないことですから。

その意味で、知性の充填は仕事や受験に使うための勉強だけでなく、知識の幅を広げたり、深くしたりすることも必要ですね。

もちろん、その知識は一見、役に立たないことでも没頭して細部まで考えることが知性という思考回路に役立つことになります。

もっと簡単に言うと、脳を遊ばせましょう、ということ。

強制的な勉強法ではなく意欲的な知識の吸収こそ充填でしょう。

知性の低周期には趣味の世界に没頭する時間を作ることで、柔軟な知性と感情をコントロールできる知的余裕が生まれてきます。

知的、と思われている人ほど、じつは意外に遊んでいるものなのです。

関連記事(一部広告含む):