当たるも八卦、当たらぬも八卦

朝、テレビを見ていると幾つもの番組で占いをやっています。

各局をハシゴして見ている人もいるかと思います。

星座別ランキングや、血液型、生まれた月別など工夫を凝らしています。

自分の運勢が良いと、その日一日、仕事なども順調にできそうな気がします。

逆に悪くても、そんなに気にせず『ま、占いだし』というように割り切って見ている人が多いのではないでしょうか?

当たるも八卦、当たらぬも八卦、とよく言います。

スポンサーリンク

八卦とは、古代中国に伝わる占いの中で、自然界の構造を8つに分類したものです。

つまりは、占いのことを指し、『占いなのだから、当たることもあるし外れることもある』という意味なのです。

古代中国など、占いで全てを決めていそうなイメージがありますが、そうではないのですね。

占いは絶対ではないのだから、助言程度に聞くべきだ、と。

ネガティブに聞くのではなく、ポジティブに聞きましょう。

たまに占いに入れ込んでしまって、全てを占いで決める人もいます。

そうすると、占いが足枷となってしまいます。

信じるのもいいですが、運勢が悪いからと言って閉じこもるのではなく、何でも気をつけて行えばいのです。

当たったり外れたりするのが占いなのですから。

関連記事(一部広告含む):