豪徳寺の三毛猫

前項でお約束の「ひこにゃん」と招き猫の関係、行きます。

「ひこにゃん」は彦根藩2代目藩主、井伊直孝にゆかりのある白猫がモデルですが、ゆかりができた場所は彦根市ではなく東京、世田谷で江戸時代のこと。

鷹狩りに出かけた井伊直孝は途中、豪徳寺の前を通りかかった時、突然の豪雨に見舞われました。

豪徳寺の前にある一本の木の下で雨宿りしていたところ、豪徳寺の和尚が飼っている三毛猫が手招きをしていたので、井伊直孝が近寄った瞬間、雨宿りしていた木に雷が落ち、井伊直孝は命を救われました。

井伊直孝はこの猫に感謝、寺として荒れていた豪徳寺に多額の寄進を行い、井伊家の菩提寺としたそうです。

スポンサーリンク

和尚は飼い猫を大事にし、猫が亡くなると墓を建てて弔い、後世には境内に招猫堂が建てられて猫が片手を上げている姿をかたどった招福猫児(まねぎねこ)が土人形として作られるようになった、というお話です。

井伊直孝が豪徳寺の前を通った時に猫が手招きをしたので、直孝が寺に立ち寄って一服したところ、突然の雷雨になったので直孝が濡れずに済んだ、縁起がいいので、ここを菩提寺にした、という説もありますが、いずれにしろ、豪徳寺の猫と井伊直孝の関係には違いありません。

関連記事(一部広告含む):