男なんて風呂上がりにタオル1枚あれば事足りますが、女性の場合はそんな簡単なことではなく、ハンドタオルにフェイスタオル、ボディタオルにヘアタオルまで、さまざまな種類のタオルがあり、それぞれの用途に合わせた最適な素材も求められています。

したがってタオルも極めるほど奥が深い世界となり、その世界を紹介する役割として生まれた資格が「タオルソムリエ」です。

主催は国内でタオルの生産高NO.1の四国タオル工業組合と今治商工会議所が取り組んでいるJAPANブランド育成支援事業の一環として立ち上げた今治タオルプロジェクト。

タオルに関する現在の技術や顧客サービスのための知識を習得し、その知識を活かしてタオル文化の普及を目指すプロフェッショナルな人材を育成することが目的、だそうです。

とくに講習はなく、東京と今治市、大阪市で行われる試験会場で筆記試験を行い、問題は四国タオル工業組合が発行しているタオル読本というテキストから出され、その合格者にタオルソムリエの認定が与えられます。

この資格を得たからといって今治タオルプロジェクトの協賛店で仕事が貰えるとか、そういった特典はありませんが女性が使うタオルの専門店みたいな業態が生まれるか、または自分で営業すれば資格取得のメリットが生まれてくるかもしれません。

まあ、仕事の役には立たなくても美肌に係るタオル選びには役立ちそうですね。

こんな記事も読まれています: