ダイエットアドバイザーは日本肥満予防健康協会の認定ですが、ダイエットインストラクターは日本能力開発推進協会と日本ダイエット健康協会の2組織が認定を行っています(探せば他の団体もありそうですが)。

また日本インナービューティーダイエット協会ではインナービューティーダイエットアドバイザーを認定しています。

この中でもっとも難しい、というか取得するのが大変なのは日本ダイエット健康協会の認定で、まずはダイエット検定から始めなければなりません。

基礎知識を学ぶ生活アドバイザーが2級、これは自己の健康知識や友人、家族へのアドバイス程度に留まり、1級になるとプロフェッショナルアドバイザーと呼ばれ、職表レベルでの活用ができます。

この1級を取るとようやくダイエットインストラクターの昇格試験が受けられ、合格すれば協会認定のスクールが開講でき、協会のセミナー講師にもなれます。

インナービューティーダイエットアドバイザーは主に食生活からダイエットを行うアドバイザーで、1日集中講座を受講後、試験を行って合格すれば認定されます。

日本能力開発推進研究会の方も在宅試験なのでさほど難しくないでしょう。

これらのダイエットをアドバイスする認定を取得すればかなりキャリアアップとして仕事に役立ちそうですが、仕事にしてもっとも難しいのは自分の体型でしょう。

アドバイスする立場の講師が太っていたら、まったく説得力がなくなってしまいますから。

こんな記事も読まれています: