癸未(みずのとひつじ)生まれの人の性格

癸未は、水性の陰干である「癸(みずのと)」と、土性の十二支である「未(ひつじ)」が融合して成立している干支です。

干支(生まれた日)の算出法

干支番号は20番、未は夏の十二支でもありますから、その上に小規模な水分が合体するわけです。

夏の乾いた大地に降る雨ですね。

陰干である癸は女性的な質を持つ水性となります。

ですので、水分を欲する植物たちにとっては、まさに母親の存在のような栄養となります。

スポンサーリンク

このようなことから、癸未生まれの人は、どんな人をも育て上げるのが上手です。

癸未の人は、人から母性を感じられる割合も高いです。

また、長男や長女として誕生してくることが多い宿命を背負っています。

そしてそのことは、癸未の人にとって大切な要素にもなります。

身内の中にいるほうが生きやすいのですね。

しかしこれはあくまでも、生まれ日が癸未だった場合という狭い条件に限られます。

他の運勢と照らし合わせると、実際には自立したほうがいいという場合も、稀にですが存在します。

しかしながら、本来は家系の二代目としての役割を与えられた干支です。

凝り性なところがあり、興味を持った分野はとことん追求していくことが出来ます。

癸未の人は、人を育てるのが上手であるせいか、異性の話題はいつも切れないという傾向もあるようです(もちろん、人にもよりますよ)。

それだけ、たくさんの魅力を感じるようなお人柄なのでしょう。

にじみ出る母性によって、必然的にそうなってしまうのですね。

しかし、癸未の人はあまりにも直感で動くといいましょうか、それが衝動となって相手を見誤ってしまうこともありますから、お相手は慎重に見極めてくださいね。

多くのことに手を出すよりも、興味のある分野をある程度しぼって学んでいくことで、癸未の人の才能は大きく成長していくことが出来ます。

関連記事(一部広告含む):