風水と間接照明の役割

明るい部屋にいるのと、暗い部屋にいるのとでは、どちらが気分が良いでしょう。

もちろん、明るい光のある部屋の方が、気持ちがいいものです。

風水では、明るくすることで幸運が舞い込むという考え方があります。

日中はできる限り、太陽の明かりが入るように、夜間は、できる限り部屋の蛍光灯や電球を明るく、そして新しいものに変えておきましょう。

特に、間接照明は効果がアップします。

間接照明は、光が優しいですね。

スポンサーリンク

そこにいる人間の気持ちを落ち着かせ、やさしい気持ちにしてくれます。

特に、寝室は、間接照明がいいとされています。

安眠を誘う効果もありますし、間接照明を置くことで、仕事の運気もあがっていきます。

玄関も、良い気を運ぶ場所です。

間接照明で、常に明るくしておくことが、幸運のカギになります。

たしかに、玄関が暗いと、その家の印象も暗くなりますよね。

家族が集うリビング。

ここも、間接照明によって、リラックスできる部屋になります。

落ち着いた間接照明の明かりは、家族みんなの気持ちをリラックスさせ、一日の疲れをとる癒しの場所となるでしょう。

関連記事(一部広告含む):