世界初のSF小説も夢から誕生

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

夢が現実の世界にもたらせた恩恵、もうひとつ紹介しましょう。

今回は小説です。

1816年、「夏のない年」に詩人バイロンが借りていたスイスの別荘、ディオダディ館にバイロンを含む5人の男女が集まります。

前年、インドネシアのタンボラ火山が噴火したことにより、北半球全体が火山灰によって覆われ、寒冷化していた影響で(これが「夏のない年」の理由です)、男女5人は外出もままならず邸内で過ごしていました。

あまりにも退屈だったので、バイロンは「1人ずつ怪奇譚を作って発表しよう」と提案します。

まるで中学生みたいですね。

スポンサーリンク

この時、女性の中の1人にメアリー・シェリーがいました。

シェリーは怪奇譚がまったく思いつきませんでしたが、ある晩の寝静まった後、色白の博士が横たわった男の巨人に跪き、その巨人には生命を示す何かと、その横に巨大な機械があった悪夢を見ます。

シェリーはさっそくその悪夢から物語を仕上げました。

これが現代SF小説の始まりと言われている「フランケンシュタイン、或いは現代のプロメテウス」です。

ちなみにこの時の怪奇譚はディオダディ荘の怪奇談義、ディオダディ館の夜などと呼ばれており、吸血鬼の原作も生まれています。

したがって中学生みたい、ではなく、その後、集合して、怖い話をする元祖なワケです。

関連記事(一部広告含む):