意外と知っている日本の神様たち!日本神話初級講座

八白万もいる神様なんてわからない、とか、自分たちが祈願している神社にどんな神様がいるのか知らない、という言う前に、ちょっと思い出してみましょう。

じつは私たち、日本の神様については何柱か、確実に知っているのです。

たとえば天照大御神(あまてらすおおみかみ)。

簡単に言ってしまうと、弟である健速須佐男命(スサノオノミコト)が乱暴者で困り、洞窟(天岩戸)に閉じこもってしまうというお話の主人公ですね。

スポンサーリンク

その乱暴者、健速須佐男命といえば出雲の国の怪物、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)退治で有名です。

それから因幡の白兎の話。

ワニ(サメ)に皮を剥かれ、悪い神様に騙されて肌を真っ赤にした兎は後の大国主大神(オオクニヌシノミコト)によって助けられます。

どれも馴染みの深い話ばかりですね。

確かに日本神話の世界、子供でも分かりやすいところから紹介されていますが、じつはこれらの物語、言ってみれば全体のほんの一部で、子供向けに編集されている状態です。

また、それぞれの物語は縦軸の一篇にしか過ぎず、時系列もバラバラです。

一度、日本神話の世界を時系列で確かめてみれば、どんな神様がいて、どのような物語が生まれ(さらにどんなご利益があるのか、も)たのか、理解が深まるに違いありません。

関連記事(一部広告含む):