ストレスが引き起こす行動症状

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

ストレスから「うつ病」になるケースはさまざまあり、また他にも適応障害、自律神経失調症、摂食障害などの精神疾患がありますが、今回はリラックス方法の紹介なので精神疾患はこのくらいにしておきましょうね。

続いてストレスが引き起こす行動症状。

軽度なところでは過度の喫煙や飲酒、繰り返される衝動的な買い物、衝動的かつ過剰な間食があり、これが進んでいくと周囲の人間に怒鳴り散らしたり、大声で泣きわめいたり、やたらと八つ当たりするようになります。

さらに行動症状が進行すると出社拒否症やひきこもり、不投稿といった日常的な生活に機能障害をもたらすだけでなく、衝動的な暴力行為、危険な行為や行動を繰り返し、リストカットなどの自傷行為まで発展してしまいます。

精神疾患にしても行動症状にしても、初期段階ではストレスが原因であるとは本人がなかなか認めたくないもの。

スポンサーリンク

逆に、ストレスが原因である、と考えるような楽天家は精神疾患や行動症状を起こさないものです。

しかし、上記でも分かるように初期段階でストレスが原因であることを理解すれば早期処置が可能になり、病院へ行って薬物治療を受けなくても改善することができます。

精神疾患と判断されるのがイヤだったら、早目にリラックス法を取り入れて、健康的な日常生活を送れるようにしてください。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク