パワースポットから帰ってから行う行動が大事

日本全国にはご紹介しきれないほどの、金運アップに効くパワースポットは点在していますが、全てがあなた自身の波長に合うパワースポットではありません。

「雑誌にパワーが強いと書いてあったから・・・」

「口コミを見て・・・」

などパワースポットを選ぶ理由は様々ですが、一番大切なのは、そのパワースポットに訪れてみて「心地よい」と感じるか否かなのです。

だからといって、訪れる前から口コミや写真を見て「訪れない」という選択をするのではなく「訪れて確かめてみる!」ぐらいの勢いを持たなければ、運開きに一番難しい金運をアップすることは難しいです。

スポンサーリンク

薬と同じように、色んなパワースポットを訪れてみて、「自分の○○が弱っている時に○○を訪れると軽くなる」などのリスト作りをすることから始めなければなりません。

パワースポットでチャージしたパワーを自分の力に変えていくためには、パワースポットから帰ってから行う行動が大事です。

◆写真やお守りを見返す

パワースポットから帰ってくると、心の居心地が良くなるので、すぐに布団に入って眠ってしまいたくなるかもしれませんが、少し辛抱して、パワーを完全に自分のものにしてしまいましょう。

パワースポットで撮影した写真を見返したり、神社で頂いた御朱印やパンフレット、お守りを見返して、その時に感じたことを、メモ紙やスケジュール帳に書き留めておきましょう。

専用のノートなどを準備しておいたり、帰ってくる最中に携帯で感じたことを書いて自分のパソコン用のメールに送信しておくのもいいかもしれませんね。

そうすることで、少し眠りがちだったパワーがもう一度目を覚まし、体の中の気を巡らせてくれます。

◆湯船に浸かって、未来の自分を想像する

疲れているのでシャワーでさっさと済ませてしまいたいところかもしれませんが、しっかり湯船につかって今日という日をもう一度思い出し、金運アップした自分を想像しましょう。

その時にお金をどう巡らせるかを考えてみるのも良いかもしれませんね。

◆お守りを枕元において再度パワー充電

運を開きアップさせるのも、下げるのも寝ている間に行われると言われているので、日付が変わる前までには布団に入り、枕元にはパワースポットで頂いたお守りなどを置いて就寝しましょう。

その際、絶対に枕の下にしのばせるようなことはしないでください。

お守りは神様やパワーの仮拠り所です。

その上に頭をおくなど、もってのほかですよ。

26 パワースポットを訪れた5日以内にしなければいけないこと

「百聞は一見にしかず」ということわざがありますが、パワースポットに一度訪れると、今まで何となく「胡散臭い」と思っていた感情が消え去り、またすぐにでも訪れたくなるほど、その魅力にはまってしまった方も多いかもしれませんね。

そんな口でも文字でも絵でも表現できないほどパワーを感じた休日をただなんとなく思い出話に終らせてはいけません。

そのパワーは自由自在にあなたの体を出たり入ったりします。

つまり、自分自身がそのパワーを受け止める力や器が備わっていなければ金運アップのためのパワースポットに足を運んでも、数日後には体から抜け出てしまう可能性があるということです。

つまり、金運アップをするためには、そのパワーが出ても必ず戻ってくる場所となる必要があるのです。

そのためには、パワースポットを訪れてから5日以内に正しくパワーを支配する必要があるのです。

◆自宅近くの神社にご報告に行く

パワースポット巡りの上級者であれば、パワースポットを巡る前日に「明日、パワースポットに行きます。」とご報告をしてから巡られる方も多いかもしれませんね。

そんなご報告した方もしていない方も必ず、パワースポットを訪れた5日以内に自宅から一番近い神社に参り、「パワースポットを訪れた事。」「訪れた感想」「今までの感謝」「これからの自分は○○でありたいという宣誓」をするようにしましょう。

もし、自宅近くの神社に社務所などがあり祈願祭をしてくださるような神社の場合、「心願成就」などの祈願をお願いすると金運アップには特に効果的です。

◆写真やパンフレットの整理をする

旅行先や食べた食事などを写真に残してもそのまま放置していたり、パンフレットを引き出しに放置している方が多いのではないでしょうか?

キレイにスクラップする必要はありませんが、写真は一つのフォルダにまとめたり、パンフレットは透明ファイルに保管するようにしたりと、いつでも引き出して見ることができるようにしておきましょう。

あなたが、次のパワースポットを訪れるまで、そのパンフレットや写真はあなたの身代わりになって悪運を断ち切ってくれますよ。

関連記事(一部広告含む):