退路を確保し、相手に選択させるメッセージを作る

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

バレンタインデーで意中の人を戦略する大作戦、いよいよクライマックスです。

これまで情報戦を行って相手の好みを熟知、貴女の意外性を見せて奇襲攻撃、さらにバレンタインデー当日に向けた不意打ちの布石も打った短期決戦の結末もあとわずかです。

退路を保ちながらも、ここまでの積み重ねた努力を実らせる方法、それは劇的なメッセージではなく、ここでも相手を惑わせ、最終的に選択させる文章です。

「かなり他の人と差をつけたんだよ」とか「他の女性からもチョコを貰いたい?」とか「ファッション変えたのなぜって思う?」とか「◯か月前に会ったのって偶然だと思う?」など、好きだとか愛してるだとか、そんな言葉は一切入れる必要はありません。

スポンサーリンク

はっきり言って、そんな言葉は付き合い始めればいくらでも言う機会がありますし、またそういう言葉はきちんと会っていうべきものです。

またその手の言葉を入れてしまえば不退転、入れないことで退路を作ることができるのです。

短期決戦がバレンタインデーに向けて仕組まれたものであり、このメッセージが何を意味するのか、それが分からない男は恋人にしても苦労するだけなので退路を引き返し、別の男性への仕込みを考えた方がいいですし、メッセージの意味が分かっていながら反応を示さない男だとしたら、それは負け戦なので、傷が浅いうちに、やはり退路を引き返した方が無難です。

こんな記事も読まれています:


スポンサーリンク