セイブツ学見地からの考察における結論

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

さて、モテる男とモテる女の条件をセイブツ学的、シャカイ学的見地から検証、考察してまいりました。

あくまでセイブツ学的、シャカイ学的なので、とくに女性に関してはいかに男性を惹きつけるか、という点に着目しており、女子力アップにはほとんど触れていません。

シャカイ学的に見れば女子力アップも大切なことですが、じつは男に取ってその辺はたいして重要ではなく、あまり高い女子力をつけられると引きこもってしまう軟弱部分があるので、女子力をあまりアピールするのはモテ女の条件とはなりませんので、ご注意くださいね。

モテ男、モテ女になりたいというのは誰でもある願望ですが、結局のところ、どれほどモテたところで結婚まで漕ぎ着ける異性は1人しかいません。

スポンサーリンク

モテる男女は多数から選択できると考えがちですが、だからといって必ずしも幸せになれるとは限りませんし、むしろモテることなんて関係なく、意中の人だけを追い求めて幸せになっているカップルもいます。

モテる男の条件は1人の女性に愛され続けること。

モテる女の条件は1人の男性に愛され続けること。

これが、セイブツ学的、シャカイ学的見地から検証、考察した結論です。

男はあまりあっちこっちに手を出さず、女はあまり選り好みしなければ、男女の仲は自然と引き合うもの、と気楽に考えてくださいね。

関連記事(一部広告含む):