次があると思う姿勢が婚活を長引かせる要因

アラサー、アラフォーの婚活は当たり前。

そんな風潮が世の中にあります。

これってストライクゾーンの人には安心できる甘い文句ですよね。

地方の過疎化した場所における婚期の遅れはまったくの別状況ですが、都市部においてアラサー、アラフォー世代で婚期が遅れた人には、一部、共通点があります。

とくに女性。

20代は恋人もいて、他の男性からもアプローチがあったり、プロポーズされたり、そんな経験を多かれ少なかれ持っていることです。

スポンサーリンク

結局、どの相手も自分の要求に届かないために断り、要求に叶う相手の登場を待ち続けていたら、現在に至ってしまった、というパターンの人がかなりの割合でいます。

今の世の中、出会いを求める場所はいくらでもあるのだから、他を当たる。

これが、婚活を泥沼化させる根源です。

結婚相談所でも結婚情報センターでも、検索をかければ好条件の相手が豊富にいますし、婚活パーティは頻繁に開催されています。

たとえ自分を気に入ってくれた相手がいたとしても、その相手が要求する条件を満たしていなければ、豊富にいる他の相手を探そうとします。

果てのない欲望ですね。

次、と、いつか、は死ぬまで続きます。

もし、今でも要求に満たない相手と結婚する気はない、という人ならば、その意思を貫いてください。

そういった要求を持ったまま、妥協して結婚してもけっして幸せになれません。

そろそろ、そういった要求を持ち続けることに疲れたかな?と思っている人は、きっと、近いうちに伴侶が見つかるでしょう。

その相手が結婚相談所の紹介であれ、結婚情報センターの検索で見つかった相手であれ、お見合いパーティや体験型パーティで知り合った相手であれ、街角で出会い頭に衝突した相手であっても、自然であり、きっと、運命的な出会いになるはずです。

結婚相手なんて結局のところ、ジャストタイミングでしか見つけることができないのですから。

関連記事(一部広告含む):