名は体を表す!名前が人生を決める?

日本語には平仮名、カタカナ、漢字と三種類の文字があります。

これは世界的には非常に珍しいものです。

多くの言語は英語のように、それほど多くない文字を組み合わせて言葉を作ります。

日本語も平仮名とカタカナはそうです。

50音の組み合わせです。

しかし、漢字は違います。

スポンサーリンク

漢字はそもそも、その一語一語に意味があります。

木や山など、その形から漢字は産まれました。

一文字で何かしらの意味をなしています。

日本人が使う常用漢字は2,000字ほどです。

つまり、それだけの意味のある文字が存在しているのです。

同じ漢字でも、元々は良い意味であったり、悪い意味であったりもします。

最近では子供の名前にその音だけで漢字を選んだりもしますが、それはあまりお勧めできません。

漢字の元来の意味を無視してつけてしまうと、その漢字の負の力が働いてしまうからです。

名前につける漢字は慎重に選ばなくてはいけません。

漢字の成り立ちを踏まえて、どんな風に育ってほしいかを名前に込めましょう。

『名は体を表す』と言います。

その名前が人生を決めると言っても過言ではないのです。

ちなみに、中国にある漢字は5万字を超えるそうです。

日本語も簡単ではないですが、中国よりはいいかもしれません。

中国なら名前をつけるのも大変でしょうから。

みんなの名言・格言!言葉の力(無料壁紙)

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

関連記事(一部広告含む):