落ち込んだ時に使う言葉

目の前に交通事故に遭った人がいるとしましょう。

意識はあるようですが、怪我をしていて痛そうです。

救急車が来るまでの間、あなたはなんて声をかけますか?

『大丈夫?』『痛くない?』

そう声をかけてしまうかもしれません。

しかし、それは間違いです。

スポンサーリンク

『大丈夫、大丈夫。もうすぐ救急車が来るから。大した怪我じゃないよ』

これが正解です。

『大丈夫?』などと言われると、『大丈夫じゃないかも』と思ってしまうからです。

怪我が大丈夫かどうかなんて、医者でなければわかりません。

不安になると免疫力や自然治癒力が低下してしまい、下手をすればその一言が命にかかわることもあるのです。

そのため、まずは安心させてあげることが重要です。

『大した怪我じゃないんだ』と思えれば、気持ちは安定して落ち着いていられます。

余計な動揺は傷を悪化させるだけです。

傷が癒えるためには、現実的な治療と同様に、気の持ちようも大事なのです。

落ち込んだりしたときも、同じことが言えます。

『大丈夫かな?』と心配するのではなく、『大丈夫!!』と自分に言い聞かせます。

そうすれば心の傷も早く癒えてくれるのです。

落ち込んだとき、傷ついたときこそ『大丈夫!!』と自分に声をかけましょう。

そうすれば落ちていた気持ちも、言葉に引っ張り上げられるはずです。

みんなの名言・格言!言葉の力(無料壁紙)

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

関連記事(一部広告含む):