頑固ジイさんのロード・ムービーから!映画名言集

これまでメジャー級ヒット作の名セリフを並べてきましたが、ここからは小規模な作品だけれど、観た誰もが好評価を与えた佳作の名セリフを紹介しましょう。

最初は1999年の公開された「ストレイト・ストーリー」です。

アイオワ州のローレンスに住む73歳の老人アルヴィンが、ウイスコンシン州に住む倒れた兄ライルの元へ8km/hしか出ない芝刈り機に乗って、560kmを走るロード・ムービーです。

スポンサーリンク

なぜ足腰の弱った老人が芝刈り機で倒れた兄の元へ行くのか?

それは10年前に仲違いしたから。

その仲を取り戻すためには、誰の力も借りず、自分だけの力で行かなければならない、と決心します。

途中、いろいろな人と出会い、それらの人々はなぜ芝刈り機で兄の元に行くのか訪ねます。

その時、アルヴィンが応えるセリフがこれ。

「儂がライルを怒らせた理由がなんであれ、もはや問題ではない。和解したいんだ。あいつと一緒に座って星を眺めたい。ずっと昔、わしらがそうしていたように」

兄弟はもっとも親しい存在だから、なんでも言い合える分、喧嘩も壮絶になります。

でも、どれほど壮絶な喧嘩をしても心の奥底ではつながっていたい、と願うもの。

ラストシーン、頑固ジイさん同士の再会には、思わず心がほんのりと温かくなってきます。

関連記事(一部広告含む):