天国とは夢の叶う場所!映画名言集

農夫、レイ・キンセラの作った野球場になぜかホワイトソックスの選手だった“シューレス”ジョー・ジャクソンがやってくるという映画「フィールド・オブ・ドリームス」の続きです。

「If you build it, he will come.(それを作れば彼はやってくる)」

という名セリフ、この彼は“シューレス”ジョー・ジャクソンのことだったのでしょうか?

その後も次々と『天の声』が続き、レイ・キンセラは不可思議な気持ちを抱きながらも『天の声』の通りに行動します。

スポンサーリンク

そして、最後にやってきた彼と、自分の作った野球場で、夕暮れの中、キャッチボールをします。

「教えてくれ、ここは天国かい?」
「アイオワだよ」
「アイオワ?まるで天国のようだ」
「天国は存在するのかい?」
「するとも。夢の叶う場所だ」

この会話の後、主人公のレイ・キンセラはキャッチボールの相手と球場を見渡して、一言。

「だったら、ここが天国だよ」

果たして、その彼とは誰だったのでしょうか?

もう、はっきり言って男であれば、このシーンは大号泣間違いなし、です(ちなみに女性はあまり感動しない、というのが周囲の評価でした)。

男にとって、絶対に取り返すことのできない時間を夢見させてくれる映画です。

いや、夢ではなく、本当に「それを作れば、彼はやってくる」のかもしれません…。

関連記事(一部広告含む):