月のリズムを生活に利用する

まずは、自分のツキを知ることが肝心。ツキにはもちろん周期があるのです。

そして、それぞれの人ごとにそのツキの周期は違うのですが(誕生日月齢を参照のこと)、一般的に満月の期間はサクセス・ムーンとも呼ばれるように、社会全体が活気づく傾向にあることからもツキやすいのです。

また、成功している人からあやかれ時期でもあります。

スポンサーリンク

ツキとは如何にグッドなタイミング(好機)を掴むか、ということで、これは月の周期に合わせた行動がどれほど取れるかにも掛かっています。

月の周期なんて分からない、という人は、とりあえず満月の日がツキ(月)のある日と覚えておけばよいでしょう。

満月の日から前後3日位の間は、精神的にも肉体的にもいちばん盛り上がる時なので、たとえばこの頃にパーティやイベントを企画すると大成功をしやすいし、皆で和気あいあいと盛り上がることでしょう。

月(ツキ)の周期を知って、それをもとに予定や計画を立てるということです。

満月の期間を過ぎて下弦期に移ると、高揚していた精神と肉体のエネルギーは落ち着き始めます。

何かに集中したり、真剣に仕事や勉強をするには打って付けの期間になります。

この下弦期に派手なイベントやお祭りをしても、かえって白けてしまうし、気分が乗れない人が多いことでしょう。

下弦の日のお遊びなら、マージャンや囲碁などの頭脳プレイが楽しめそうです。

関連記事(一部広告含む):