潜在意識はあなたのすべてを知っている

眠っている状態に移行することは、意識の世界から無意識の世界へと突入することである。

無意識の世界へと移行する、その瞬間、あなたが心に抱いていた最後のイメージは潜在意識を活性化させる。

だからそれは、実に重要な「時」なのである。

うまくいくと、あなたの願望イメージは潜在意識の中に取り込まれ、そして、潜在意識はその願望が実現されたシーンを「夢」として、あなたの心に投影するということもあるだろう。

スポンサーリンク

このとき、あなたの潜在意識は、そうした願望実現シーンを「単なる夢」として投影するわけではない。

その夢の中には、あなたの願望を現実世界で実現化するための(また問題を解決するための)、多くのヒントが与えられているのである。

だから、夢の中のヒントを見逃してしまうのは、せっかくの潜在意識からの貴重な情報をドブに捨ててしまうようなもの。

夢うつつで寝過ごすよりも、夢情報の見過しのほうに、より注意したい。

このように潜在意識は、あなたの全てを知っていて、またあなたが望んでいる願望、また抱えている問題までを把握しているのである。

そんな潜在意識が、あなたにヒントを教えるための方法の一つが、夢というわけである。

関連記事(一部広告含む):