厄除けと節分の関係

節分の豆まき、毎年やっていますか?

子供がいると、やっている家も多いのではないでしょうか。

逆に一人暮らしだと、やっている人の方が少ないかもしれません。

意外と知られていないのですが、節分は厄除けの儀式です。

立春は旧暦のお正月です。

この前日がいわゆる節分と呼ばれ、旧暦の大晦日になります。

スポンサーリンク

新しい年になると、年神様を迎えます。

その前に厄などの悪いものを払ってしまってから迎えよう、ということで節分が行われているのです。

『鬼は外』の鬼とは厄を表しています

そしてその厄を豆で追い払うのです。

豆は『魔滅』とも言われ、悪いものをやっつけてくれるのです。

イワシの頭や柊の葉を玄関に飾り、鬼を近づけないようにしているのも、厄除けの効果があります。

通常、豆をまくのは家長の役割です。

ですが、厄年を迎えている人がいれば、一緒に豆をまいて厄払いを行います。

最近では一家で豆をまいたり、逆に家長が鬼役をやって子供が豆をまいたりもしています。

一家で豆まきもいいのですが、厄年の人には必ず厄払いとして豆をまいてもらいましょう。

数え年で自分の年の分だけ豆を食べれば、無病息災とも言われています。

豆で厄を払って、一年の健康を願いましょう。

厄は外に追い払って、福を内に呼び込むのです。

関連記事(一部広告含む):