「発明アイデア教室」カテゴリーアーカイブ

売り込みのタイミング、引き際のタイミング【その3】!アイデアを売り込む

・出願時から売り込んでいても、スポンサー(会社)が見つからないケース

特許の出願時には印紙代など、最低でも2万円ちょっとは掛かりますが、売り込みに成功すれば、その後に掛かる特許手続きの費用は会社が持ってくれるケースもあります(もちろん、そうでないケースもありますが)。

発明の内容を審査してもらう場合には、特許庁に「審査請求料」を払うことになっていますが、これも(特許の確定の前に)発明を採用した会社が負担してくれることがあります。その場合、個人の負担は少なくなります。 続きを読む 売り込みのタイミング、引き際のタイミング【その3】!アイデアを売り込む

企業向けの「アイデア提案書」のフォーム案!アイデアを売り込む

以前、私が売り込みの手紙と一緒に、企業に送付していたアイデアの企画提案書には、以下のような項目を設けていました。

「発明の名称」、「出願日」、「発案日」、「試作品の有無」、「試作日」、「知的所有権登録番号」、「商品化時のネーミング案」、「商品の分野」、「スポンサーとの希望契約形態」、「発明者名」、「その職業」、「連絡先」など。

そして各項目には該当事項を記せる空欄を付していました。さらに、それらの項目の下に「新製品企画書」という見出しを設け、そこに「商品名」「発明の構造」「価格」「材料」「発明のセールスポイント(概要)」「従来品との比較」などの項目をつけて、そこにも、それぞれの説明を簡潔に書くための空欄を設けておきました。 続きを読む 企業向けの「アイデア提案書」のフォーム案!アイデアを売り込む

発明アイデアの売り込み文書、その出だしの一例!アイデアを売り込む

企業へのアイデア売り込みの手紙について、その書き出しをどうしたらよいのか、これに悩んでいる人も意外と多いようです。

これについては、最初にご挨拶とお願いの気持ちを述べた後、さっそく本題(提案したいアイデアの内容や概観)に入っていくのがよいと思われます。幾つかの書き出し例を、以下に挙げおくことにしましょう。

【一般的には・・・】

拝啓、貴社ますますご盛栄のこととお喜び申し上げます。 続きを読む 発明アイデアの売り込み文書、その出だしの一例!アイデアを売り込む

「売り込み反応データ」を作成しておく!アイデアを売り込む

売り込みをした会社から送られてきた返事なり資料は、かならずファイルしておくようにします。

今後また、ほかのアイデアを提案するときなどに、そのファイルを活用できるからです。

それに、会社とよい関係を作っていくうえでも、重要な資料になるでしょう。また、次ページで示すような、「売り込み反応データ」を作成しておくと、ひとつのアイデア提案に対する各企業からの反応が、一見して把握できるので便利です。 続きを読む 「売り込み反応データ」を作成しておく!アイデアを売り込む

契約書の作成は、ひな型を参考にすれば難しくはない!アイデアを売り込む

発明の売り込みの結果、ある企業から(幸運なことに)「その発明の権利を是非とも使用させてほしい」といった連絡があったとします。あなたは次に、相手企業とその発明に対する、もろもろの取り決めをしなければなりません。

ところで、発明の使用を企業に許可する場合、その方法には大きく分けて下記に示す2つの形態があります。

【専用実施権】一社だけがその発明を専用に実施できる権利。つまり一社独占の契約形態。発明者自らもその発明を実施できなくなる。もちろん、企業からは発明の対価が支払われる。 続きを読む 契約書の作成は、ひな型を参考にすれば難しくはない!アイデアを売り込む

アイデア(パテント)の「自主企画・自主製作販売」!アイデアを売り込む

・自主企画製作販売

アイデア(パテント)の「企業への売り込み」が芳しくない場合、もう一つの方法として「自主製作販売」という道があります。むしろ、そちらのほうが性にあっている、という人もいるでしょう。

それでいて、かなりの売り上げを上げることができるとしたら、その儲けは(アイデア売り込みによる)「ロイヤルティ収入」の比ではありません。

もちろん、利益が大きくなる分、リスクも高くなります。製造やパッケージ代のコストが掛かるなど、先行投資も必要となります。「ハイリスク・ハイリターン」というわけです。 続きを読む アイデア(パテント)の「自主企画・自主製作販売」!アイデアを売り込む

自らがメーカーとなる道!アイデアを売り込む

自分の発明を自分で事業化し、それで大成するというのは、かなり魅力的なことです。その発明が多くの人に喜ばれるものであれば、尚のことです。発明者の喜びもひとしおでしょう。

ところで、アイデアを自分で製品化する場合、大まかに分けて「工場などに製造依頼する方法」と「自分で手作りする方法」とがあります。前者は「自分の資金で」、後者は文字通り「自分の手で」というスタンスになります。

製品のパッケージやデザイン、ネーミングなども自分のコンセプトが基本となりますが、ある程度は専門家に依頼することも必要になってくるでしょう。 続きを読む 自らがメーカーとなる道!アイデアを売り込む

アイデアだけでは裸のまま!アイデアを権利化する

ある日ふと思いついたアイデア。それが大金に化けるとしたら…。そして、それがこれまでの人生を一変させるとしたら、どうでしょう。

事実、ちょっとした思いつきが、大きなお金となって、たちまちに大金持ちとなった人は案外多くいます。

アイデア一つで、ひと財産を築いた人、華麗なる転身を遂げた人、そういう人たちは決してめずらしい存在ではないのです。

もちろん、どんな思いつきでもよい、というわけではありません。大金に変わる思いつきとは、少なくともそのアイデアがこれまでに無かったもので、また多くの人から望まれていたもの、という条件をクリアしていることが必要です。 続きを読む アイデアだけでは裸のまま!アイデアを権利化する

生活と密着した裏ワザ的なアイデアはヒット商品となりやすい!アイデアを権利化する

今、「裏ワザ」という言葉も流行っています。あるテレビ番組で、視聴者から裏ワザのアイデアを募ったところ、実に多くのアイデアが寄せられたのでした。

裏ワザを扱った番組が、あれだけ人気が高いのも、人々が常に質の高いアイデアを求めているからなのかもしれません。皆さんもご覧になったことがあるのではないでしょうか。

「そうか、こんな方法もあったのか!」「これはすごい! これを知っているのと知らないのとでは、生活のうえで大きな違いがあるな…」など、それら裏ワザのアイデアとしての質の高さには、いつも見ていて感心するばかりです。 続きを読む 生活と密着した裏ワザ的なアイデアはヒット商品となりやすい!アイデアを権利化する

「裸のアイデア」では貧弱すぎてお金を生む力がない!アイデアを権利化する

普通の主婦が、洗濯機の糸くず取り具を発明したことで、思わぬ大金を手にできたという話をしました。そのロイヤルティ(特許権使用料)の総額は、実に3億円以上にものぼったということです。

まだ糸くず取り具が世の中になかったころ、回っている洗濯機の中に手網を入れて、糸くずをすくうくらいなら、ほかの主婦でもやっていたことかもしれません。

ところが、それではまだ不便を解消したことにはなりません。それを、例の主婦の場合は、網を洗濯機に固定する方法を思いついたのでした。

回っている洗濯機の水槽中ではうず巻き状の水流が起こっており、綿ぼこりや糸くずは固定された網の中に、ろ過されるような形で残るのです。 続きを読む 「裸のアイデア」では貧弱すぎてお金を生む力がない!アイデアを権利化する