猫と病の言い伝え

猫は神秘的な生き物だからこそ、たぶん、これほどまでに迷信的なものが多いんだろうと感じます。

他の動物で、こんなにたくさんの迷信や言い伝えはない、といっていいくらい、猫に関する迷信的なことがたくさんあるのです。

猫の尻尾で瞼をこすれば、ものもらいが治る、なんていうのもあります。

猫に引っかかれる夢は、病気と問題の暗示、黒猫を煮込んだスープを飲むと結核が治る、ひどいですね。

でも、この迷信は、誰もやらなかったそうですよ。

スポンサーリンク

黒猫、というのは、やはり何かあるんじゃないか、ということで行動に移す人は全くいなかった、ということです。

猫をけると足にリューマチを患う、猫を嫌う人は雨の中を墓場に運ばれることになる・・

病に関することだけでも、本当にたくさんの猫に関する逸話や迷信、言い伝えがあります。

神秘的な猫だからこそ、こういった迷信や言い伝えの対象となったのでしょうね。

関連記事(一部広告含む):