猫と縁起の言い伝え

猫というのは、縁起が悪い生き物としてとらえられることもあります。

犬は飼い主に非常に従順ですが、猫は勝手気まま、我が道を行く、というタイプですから、ズルイとか、わがままにとられ、アニメなんかでも意地悪で、ずるがしこい役回りになることが多いです。

猫に関しては、あまり良くない言い伝えもたくさんあります。

猫を抱いて川を渡るのは縁起が悪い、玄関先に猫がいると不幸を招く、猫をまたぐのは縁起が悪い・・などなど。

スポンサーリンク

また、時計のねじを巻く前に、猫を外に出すのは縁起が悪い、という非常に具体的で面白い言い伝えもあります。

猫を逆さまになでると、運が悪くなる、というのはうちのおばあちゃんがよくいったものです。

猫は幸せを運んでくる招き猫。

招き猫が一番嫌がるのは背中を触ること。

背中をさかさまになでるなんて言うのは、幸運が去っていくようなものだ!といわれたことを覚えています。

関連記事(一部広告含む):