狭いところに入りたがる猫

猫は狭いところを好みます。

ちょっと前に鍋に入る猫が有名になりました。

他にもかごに入る猫や、風呂桶に入る猫など、狭いところに入る猫をよく見ます。

猫は他の動物などに取られないように、獲物を食べるときは狭いところで食べていました。

また寝るときに敵に見つからないよう、狭いところを好みました。

隅や狭いところで壁などに体が触れていると落ち着くのだそうです。

スポンサーリンク

ただ、いつでも周囲を警戒していて、箱やかごに入っていても必ず顔を出しています。

また、袋やダンボールなどに、頭から突っ込むことがあります。

これは、ねずみを捕らえるとき、巣穴に頭を突っ込むのと同じで、野生の本能がはたらいているのです。

ですから、狩りをするときの勢いで、思いっきり袋に顔を突っ込んだりします。

どちらも、野生のときの名残なのです。

日本人も隅が好きだったり、似たところがあります。

急に広いところに行くと落ち着かないのとか、わからなくもないですね。

関連記事(一部広告含む):