『猫の額』の意味

猫の額とは狭いことのたとえです。

しかし、猫の額ってどこでしょうか?

辞書をひくと、額とは眉と髪の生え際の間をさす、と書かれています。

猫の顔を見てみると、まず眉はありません。

そして全体的に毛で覆われているので、髪の生え際もないです。

そもそも、髪の毛がありません。

スポンサーリンク

それでは、猫にとっての額はどこになるのでしょうか?

イマイチはっきりしていないです。

つまり、それほどのあるかどうかもわからないぐらいのものだからこそ、猫の額と言うのかもしれません。

それにしても、この言葉を考えた人は結構な猫好きですよね、きっと。

狭いことのたとえに猫の額を思いつくのですから。

『ねずみの額』でも『鳩の額』でもよかったように思います。

きっと猫の顔を見ながら思いついたのでしょう。

関連記事(一部広告含む):