猫の爪とぎ

ばりばりばり・・と、猫は爪とぎをしますね。

ところかまわず・・あ、うちの猫は、です。

私の相棒猫の名前は、しっぽ。

しっぽは、どこでも爪をとぎ、時には私の背中で爪をとぎます。非常に痛いです。

最初は、爪の手入れをしていると、動物のお医者さんに言われたとおりに思っていたのですが、実はそれだけじゃない、ということなのです。

スポンサーリンク

猫が爪をとぐとき、それは、「自分の縄張り」と知らせたいとき。

また嬉しい時にとぐ、と言われています。

つまり、私といることが嬉しくて、楽しくて爪をとぐんだ!

飼い主と一緒にいるときに爪をとぐときには、「遊んでよー」という合図のようなのです。

たしかに、台所で夕飯の支度をしていると、ばりばりと私の足で爪をといでいます。(汗)

赤ちゃんが、夕飯時によく泣く、というのと同じでしょうか。

爪をといだら、そうか遊びたいんだね?と、しばらくその手をとめて遊んであげることにしよう!

関連記事(一部広告含む):