gluck のすべての投稿

北海道のパワースポット

北海道にも多くのパワースポットが点在しています。

北海道のパワースポットの特徴は、「環状列石」です。

国の指定史跡となっている小樽の忍路環状列石などが代表的なものとなります。

非常に大きな日本の代表的な環状列石なので、大きなパワーを秘めているといわれています。

縄文時代の遺跡であるという説が多く、北海道の方々も、力強いパワーをもらいに、訪れるパワースポットになっているようです。 続きを読む 北海道のパワースポット

星のパワーと「おまじない」

まだ独身時代、同じアパートに外国の方が住んでいたのです。

その方の国籍とかは、よくわからないのですが、星空を眺めては、(何かを持って)お祈りするのを見かけていて、おまじないやお守りというのが好きな私は、思いきって、聞いてみたのです。

すると、「ミラレテマシタカー」と、ちょっと悔しそう。

何でも見られたら効力がなくなってしまうという、おまじないだったそうで、「ダカラカナワナカッタノカー」とも。

ちょっと悪かったかなーと思って「すみません。黙って見ていて」といったら、その方は「ミラレナイヨウニスルノガ、オマジナイ」とにっこり。 続きを読む 星のパワーと「おまじない」

猫エイズに限らず、猫に異変があった時

猫が風邪?のような症状を見せたり、下痢をしたり・・というとき、このまま様子を見ておいても大丈夫だろう・・と、検査等に行かない飼い主さんもいると思います。

猫エイズに限らず、猫に異変があった時、その時にいっていれば・・と後悔するよりも、その場その場で、しっかり飼い主の責任として、その病気が何かと言うことを調べてあげることは重要だと思います。

猫や犬は、小さい赤ちゃんと同じで、痛い、かゆいということを言葉で表すことができません。

鼻水やくしゃみ、下痢と言う症状は、飼い主さんが眼で見てわかることです。 続きを読む 猫エイズに限らず、猫に異変があった時

猫エイズのワクチン

猫のエイズを防ぐために発売されたのが、猫エイズのワクチンです。

通常の混合ワクチンとは別に打たなければならない単体のワクチンです。

最初の年に3回、翌年から1年に1回接種を続けていきます。

これなら安心!といきたいところですが、そういかないので困ったものなのです。

この猫エイズのワクチンを打って、猫にその効果が出る確率は70%なのです。

そう、30%の確率でワクチンが効かない猫かもしれないのです。 続きを読む 猫エイズのワクチン

感染している猫とほかの猫

猫を飼っている方は、割と複数の猫を飼っている方が多いようです。

例えば、一匹は完全な室内猫で、他は外への出入りをしているとか、そういった飼い方をしている場合もあると思います。

そのうち、一匹がFIVとなってしまっても、そう怖がる必要はありません。

何度もお伝えしていますが、流血するような噛みあいや交尾などがなければ、感染は少ないからです。

お水や餌を一緒に食べているからといってむやみに感染するものではありません。 続きを読む 感染している猫とほかの猫

猫がFIV陽性となったら

ペットの猫の様子がおかしい・・一応検査をしておこうということで検査をした結果、もしもFIV陽性となっていたら、そのステージによって対処も変わります。

まだ無症状期である、エイズ関連症候群が現れ始めている、という状態の時には、猫がウイルスになるべく感染しないように暮らす、また検査などの健康管理をしっかり行うことで、長く一緒に生活することができると思います。

FIV陽性になっても、どの猫もすべて発症するということではないので、全くの無症状のまま長生きする猫もいるのです。

ですから、猫エイズ発症となる第四ステージに行くまでであれば、猫の健康管理をしながら、一緒に暮らせる時間を長く保つこともできるのです。 続きを読む 猫がFIV陽性となったら

FIVから猫エイズへの流れ・・第三、第四ステージ

第三ステージになると、エイズ関連症候群の症状がどんどん出てくる時期に突入します。

これまでは風邪?ああ、治ったかな?という症状だったものが、なんだかおかしいな?と、飼い主が不安になる症状が出てきます。

第三ステージでは、慢性的な口内炎や下痢、皮膚炎なども出てきます。

これらの症状が続々とでてきて、繰り返し、やがて重症化していきます。

その後、第四ステージに症状が進みます。

第四ステージは、終末期といわれ、猫後天性免疫不全症候群、つまり猫エイズが発症となる時期です。 続きを読む FIVから猫エイズへの流れ・・第三、第四ステージ

FIVから猫エイズへの流れ・・第一、第二ステージ

猫がキャリアの猫と血を流すような喧嘩をしたり、交尾等で感染します。

急性期といわれる第一ステージでは、ウイルスがかなり活発に暴れまわる時期です。

この時期は、猫が持っている免疫機能とFIVのウイルスが闘います。

ですから、熱が出る、ひっこむ、また出るという繰り返しになり、鼻水、涙目、下痢を繰り返し、検査をすればリンパ腺肥大が確認できます。

無症状期の第二ステージでは、他の健康体の猫と全く変わりない、という時期です。 続きを読む FIVから猫エイズへの流れ・・第一、第二ステージ