現実的な夢と非現実的な夢

夢を見ていると、あり得ないことが起きたり、忘れかけていた古い友人が急に出てきたり、『なんでだろう?』と思うことが多々あります。

夢の多くは、そのような不思議なものです。

しかし、全てが突拍子のないものとは限りません。

中にはもっと現実的な夢もあります。

例えば、普段の仕事をしている夢。

あるいは、家族の日常を描いた夢。

夢には深層心理が表れることもありますが、普段感じていることも表れてきます。

日々の仕事の不安や不満、日常生活の悩み、願望や欲求、そのようなものも夢になって現れてくるのです。

スポンサーリンク

不思議な夢ならば、何を意味しているのだろうと思うでしょう。

調べてみると、意外な思いや暗示がそこにはあります。

『そういう意味なのか』と、その夢に意味を見つけます。

しかし、現実的な夢はそうではありません。

暗示的なものよりも、本当に普段から感じていることや、気になっていることがそのまま夢の世界に登場していることが多くあります。

ですから、そのような夢を見たならば、夢占いなどで調べる前に自分の気持ちを調べてみましょう。

そこに不安や願望などはありませんか?

現実的な夢は、現実的な気持ちを表しているのです。

関連記事(一部広告含む):