一白水星の人は迷いが多い

九星気学(きゅうせいきがく)で一白水星(いっぱくすいせい)の人は、迷いが多く一人で思い悩む傾向があるとされています。

生まれた年の九星を調べる

自分に厳しいため、現状で満足することはあまりなく、常に変化を求めて流動します。

水は流れがとどまると徐々に濁っていくので、そうして動き回っているほうが一白水星の人の運が開かれやすいのです。

水は私たちにとってなくてはならない大きな恵みですが、絵の具を水の中に落とすと水がその色へと変化していくのと同じで、内面に様々な“色合い”が取り込まれやすいのです。

しかしそうした気苦労は、一白水星の人にとって決してムダにはなりません。

スポンサーリンク

社交性の高い一白水星の人ですが、実はどんな人にでも心を開いているということはないようです。

一白水星の人の内面は明るい面と暗い面が表裏一体、二面性になっているようなところがあるため、つかみどころがないのです。

しかし、本当に気を許した人には心の底から尽くしていきます。

そうした優しさは、本人が気苦労の多い生活を送っているところからはぐくまれていきます。

精神的な葛藤をする経験の少ない人は、タフで自由である反面、人の痛みに疎いというところもあります。

一白水星の人は、他人の痛みがわかりすぎて自分も一緒になって病んでしまうほど感性が豊かで情緒溢れる人なのです。

しかし、本当に心を許すことのできる人に巡り合うといいましょうか、一白水星の人は人を心の底から信頼するまでに相当な時間がかかります。

ですので、親友というものをなかなか得ることができないんですよね。

本人が思っているよりも、周囲の人は他人を意識することは少ないはずです。

もっとおおらかに構えて、肩に力をいれずに人付き合いをしてみてくださいね。

関連記事(一部広告含む):