会社の社長の椅子は?

会社の顔、受付嬢?いえいえ、本当の会社の顔は、もちろん「社長」です。

社長が快適に仕事できる、社長というトップに君臨する状況がしっかり確立されているオフィスと言うのは、やはり違いがあるのです。

風水では、「トップに居る方の椅子は、生気方位に向けるべき」という法則があります。

社長はその会社の行く末を握る立場、経営を牛耳る立場にあります。

その社長の椅子は、風水の方位の力を十分に考えたものであるべきです。

スポンサーリンク

方位と言うのは、風水で、生気、天医、述年、伏位、五鬼、六穀、禍害という種類に決められています。

経営者の机は、その椅子が、しっかり生気の方向に向くように設置するべきなのです。

生気の方向に椅子を向けることで、その椅子に座る方に、先見の明、企画力、さらには決断力、そして会社をまとめる統率力が備わるといわれています。

テレビのアンテナをあわせるように、社長が生気のアンテナにしっかり向くことで、企業の未来、その歩くべき道を、しっかり心に感じることができるのです。

また、椅子は普段から社長が座り、仕事を行う場所です。

ボロボロの椅子では、社運をあげることにはつながりません。

中国などでは、社長の椅子を凄く重んじています。

それは、社長の風格を現すものになるからなのです。

関連記事(一部広告含む):