猫白血病が陽性だった場合

血液検査を受けて、かわいい家族同然の猫ちゃんが、猫白血病陽性となっても、それは病気だということではありません。

猫白血病のウイルスを持っている猫、ということです。

ただ、猫白血病のウイルスを持っているということで、すでに病気と闘うべき力、つまり、免疫力が低くなっていることには間違いありません。

陽性であれば、他の病気ももらいやすい状態なんだ、ということを理解しておきましょう。

ほかの病気になってしまうと、やはり陰性の猫ちゃんよりも、治りが悪く、悪化していく恐れがあります。 続きを読む 猫白血病が陽性だった場合

猫白血病の症状は?

家から外に出ない猫ちゃんは、あれ?調子が悪いかな?ということもすぐにわかります。

普段からどういう生活リズムで、どのくらい食欲がある、ということがわかりますし、あまりむらもないからです。

でも、外に出て行く猫ちゃんは、セカンドハウスで餌をもらったりすることもあるので、食欲がないというような症状はなかなか見極めが難しいと思います。

しかし、猫白血病の場合、食欲減退も、かなり顕著にでるようなので、わかりやすいとも言えます。

元気がない、というのも特徴です。 続きを読む 猫白血病の症状は?

猫白血病とは?

猫白血病は、世界中の猫に感染が認められています。

家で飼っている猫よりも、外に出かけて行く猫の方が、感染率も高くなっています。

この病気は、唾液、尿、涙、母乳、血液、さらに胎盤をとおして感染していきます。

つまり、母子感染がある、ということです。

また、外に出かける猫は、猫同士で喧嘩をすることが多く、その傷口、噛み傷、さらに口や鼻をお互いになめたりこすったりすることで、感染していきます。 続きを読む 猫白血病とは?

猫の病気は辛いもの

愛しい猫ちゃんの病気は、飼っている家族にとっても辛いものですが、病んでしまった猫にとっても、辛くどうにもならないものです。

命を預かっている、という飼い主にとって、ペットの命を守る手段を考えることは、必要です。

でも、守りきれないものもあります。

外からもらうウイルス。

猫同士でもらってしまう病気。

もともと持っている病気。 続きを読む 猫の病気は辛いもの

風水と間接照明の役割

明るい部屋にいるのと、暗い部屋にいるのとでは、どちらが気分が良いでしょう。

もちろん、明るい光のある部屋の方が、気持ちがいいものです。

風水では、明るくすることで幸運が舞い込むという考え方があります。

日中はできる限り、太陽の明かりが入るように、夜間は、できる限り部屋の蛍光灯や電球を明るく、そして新しいものに変えておきましょう。

特に、間接照明は効果がアップします。

間接照明は、光が優しいですね。 続きを読む 風水と間接照明の役割

風水と観葉植物

風水の本を読んだことがある、またメディアで風水の特集などを見たことがある、という方は、観葉植物がよく出てくることに気がつくと思います。

風水は環境に沿ったものだと、お話しましたが、造られた家、という空間に、自然の緑がある、ということは、風水的に見て、非常によい気を取り入れることになるのです。

観葉植物は育てやすく、目で見て美しいものが多いです。

部屋の中にインテリアとしておくのにも環境植物は優れていますね。

大きいものを置くというのが部屋の大きさ的に無理がある、という場合には、テーブルや戸棚における小さいものでもいいのです。 続きを読む 風水と観葉植物

風水と掃除

風水というと、「掃除」と浮かぶ人が少なくないと思います。

そう、風水で一番重要なこと、それは「清潔」なんです。

部屋がきれい、玄関がきれい、それは気持ちよく暮らす源になります。

部屋がきれいでも、トイレが汚ければ、気持ちよく暮らすことはできません。

トイレがきれいでも、体を洗うお風呂が清潔でなければ、体も清潔になった気がしません。

清潔ということは、気持ちよく快適に暮らすことなのです。 続きを読む 風水と掃除

Copyrighted Image