縁結び神社!五頭龍が弁天様に恋をして

 にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ

湘南の縁結びパワースポットとして注目されている江島神社には、カップルで鳴らすと恋愛感情が深まる「龍恋の鐘」があります。

龍が恋した相手は当然、弁財天ですね。

昔むかしの話、鎌倉には五頭龍が住み、悪行を重ねて住民を苦しめていました。

その悪行を見かねて表れたのが弁財天ですが、その美しさに五頭龍は弁財天を妻に娶りたいと願い出ますが、そのためには悪行を止め、住民の役立つことをしなければ妻にならない、と弁財天は言います。

五頭龍は弁財天を妻にしたいばかりに弁財天の言いつけを守ると、弁財天は約束を守って妻になりましたが、善行を積むごとに霊力を失った五頭龍はやがて海を離れ、山に姿を変えたといいます。

スポンサーリンク

この伝説は古事記や日本書紀にはなく、民間伝承ですが鎌倉の腰越に五頭龍を祀る龍口明神社があり、龍が姿を変えた山には龍口山と名前がつけられているので古い話には間違いありません。

手のつけられない不良が世間知らずの清純な乙女に諭されて更生するという、なんとも真っ当なお話でやや物足りませんが、弁天様の美しさに免じて江島神社を縁結びパワースポットと認めてもいいでしょう。

ちなみに宗像三女神は海を守る神様ですから、マリンスポーツをやっている人は一度お参りしてはいかがですか?

関連記事(一部広告含む):