カサブランカは自己犠牲と男同士の友情の物語!映画名言集

1942年公開の「カサブランカ」はアメリン・フィルム・インスティチュート(AFI)が選ぶ名セリフ・ベスト100の中に6個もランクインするほど名セリフの宝庫です。

「Louis, I think this is the beginning of a beautiful friendship.(ルイ、これが友情の始まりだな)」

映画を観ていない人には分かりづらい名セリフですが、ベスト100では20位と上位にランクインされています。

ルイ、とはカサブランカの地元警察署長。

スポンサーリンク

「カフェ・アメリカン」を経営するリックとは一応、敵対関係ですが個人的にはシンパシーを感じている間柄です。

ラストシーン、解放運動のリーダー、ラズロを元恋人のイルザと共に逃すのですが、その時、リックはルイを利用、そしてラズロを追うドイツ人将校を殺しますが、あえてそれを見逃すのがルイ。

その時にリックが上記のセリフを言うわけですね。

ラブ・ロマンスでありながらラストシーンは自己犠牲と男同士の友情でまとめているところから、これが女性だけでなく、というよりむしろ、男に受ける映画になっている理由でしょう。

それまでのリック、真っ白なタキシードを着て唯我独尊の強さを見せているかと思えば、元恋人イルザの思い出に耽って「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」の名曲でシクシクするなど、カッコいいんだかメメしいんだか、良く分かりませんでしたが、この最後のセリフとボルサリーノにトレンチコート姿で男たちの溜飲を下げた、と言っても過言ではありません。

うん、やっぱり男はこうでなくっちゃ。

関連記事(一部広告含む):