彦五郎は存在していなかった?というミステリー

さて、今川義元の続きですが、その前に長男の氏輝と次男の彦五郎の話を少し。

氏輝と彦五郎が同日に死去した、という記述は今川家当代のものではなく外部によるもの(高白斎記や妙法寺記など)で、しかもその死因は書かれていません。

さらに言えば今川氏系図に彦五郎の名前がないばかりか、今川家の史料には一切、その名前が出てこないのです。

一説には今川家の有力家臣であった福島氏、あるいは太原雪斎の陰謀説もあり、当主となった今川義元が家系図から彦五郎の名前を消した、という話もありますが、すべては推察の域を出ていません。

スポンサーリンク

こういった謎が多くあることが戦国時代の面白さ、ドラマの題材になりやすいところなのでしょう。

話を今川義元に戻すと、今川家は氏親正室の寿桂尼(大河ドラマでは浅岡ルリ子さん、相変わらず美しい!)や太原雪斎(大河ドラマでは佐野史郎さん、相変わらずお上手!)などが出家した義元を還俗させて家督を継がせようとさせますが、前述した福島氏は異母兄弟の玄広恵探を擁立して対抗に出ます。

この両者の戦いが花倉の乱ですね。

結局、今川義元に敗れた玄広恵探は自害するのですが、花倉の乱で活躍したのが後の軍師にもなった太原雪斎であることは言うまでもありません。

※お祝い・プレゼントに心に残る言葉の贈り物。筆文字アート!名言・格言額は、ご自宅・店舗のインテリアや、誕生祝い、開店祝い、新築祝い、還暦祝い、各種記念品・引出物等、大切な方へのプレゼントに最適。一言メッセージ・記念日を無料でお入れします。

名言・格言額!心に残る言葉の贈り物

こんな記事も読まれています: