子供のためではなく大人のための寓話!大人が読む寓話の教訓

映画「大脱走」の脚本を書いたジェームズ・クラベルは1981年に短編小説を出版、その中のひとつが当時、不定期に放送されていたモービルショーケースというアメリカのTV番組で制作されました。

タイトルは「The Children’s Story」で、副題に「but not just for children」となっています。

ストーリーを説明しましょう。

いつもなら大雑把に要点だけを上げるのですが、ショートストーリーのため綿密なのでちょっと長めの説明となります。

スポンサーリンク

貴方の隣にある学校のある教室、9時2分前から物語は始まります。

教壇では年老いた女教師が一人、震えながら時が来るのを待ちますが、その震えの原因を教室の子ども達は知りません。

やがて9時ジャスト、教室にブラックスーツ(まるで制服のような)の若くて美人の女教師が表れ、そして古く、いかにも教育熱心な女教師を教室から「やんわり」と退出させます。

教室の生徒全員は古い教師の味方であり、新しい、美しい女教師を敵対視しています。

しかし笑顔を絶やさない女教師。

彼女をもっとも厳しい目で睨みつけているジョニー君に女教師は問いかけます。

「前の先生は朝の授業の前に何をしていたのかしら?」

得意気に答えるジョニー君。

「こっきにちゅうせいをちかって、それからうたを歌うんだ!」

ジョニー君、精一杯突っ張っています。

少しでも女教師に対抗するかのように。

でも、それこそ女教師の思うツボであることをジョニー君は知りません…。

関連記事(一部広告含む):