宝くじ高額当せんで贈与税を払わなくても済む方法は?

宝くじの税金ネタをもうひとつ。

「宝くじ10億円当たったら彼女に半分やって、友達にはこれだけやって…」などと皮算用するのは誰でも思うこと。

でも、たとえ10億円当たっても110万円以下に抑えた方がいいですよ?

それ以上の金額になるとたとえ家族でも贈与税が発生し、受け取った側は最高55%を納税しなければなりません。

スポンサーリンク

つまり1億円が当たって、それを家族と半分にしても約1/4、2500万円近くが納税として手元から消えていきます。

もちろん、贈与税を避ける方法もあります。

それは宝くじを共同購入の形にすること。

宝くじの高額賞金に当せんするとみずほ銀行内で受け取ることになりますが、その際に分配したい人を受取人として署名と捺印があれば共同購入とみなされ、贈与税なしで分配することができます。

ただし、たとえ共同購入でも、それを証明する書面がなければ共同購入者に贈与税がかかってしまうので注意してくださいね。

なお、高額賞金が当たるとみずほ銀行側から当せん証明書が発行されます。

これ、何に使うのかというと、銀行口座の預金がいきなり増えると税務署のチェックが入ります。
痛くもない腹を探られるのはイヤなことですが、その際に当せん証明書があれば税務署を納得させられるわけですね。

税務署からお金の出処を聞かれた時は、この当せん証明書を見せて税務署員を悔しがらせてください。

関連記事(一部広告含む):