家猫とノラ猫さんの寿命

家猫は、のほほんと暮しています。

本当にうちの猫、しっぽさんなどは、いつ起きているんだろう?と思うくらい寝ているときがあるし、冬になると、さらに寝る時間が多くなっていきます。

でもノラ猫さんは、危険があれば眠ることができないし、さむい時には、なかなか寝付けないでしょう。

雨が降れば、雨に当たらない場所を探すことになりますし、世間の厳しい風を体に感じながら生きています。

家猫の寿命は今、20歳を越す、と言うものが出てきています。

生活に困ることなく、暑い、さむいと言う寒暖の差なく、食べ物に困ることなく暮しているのが家猫です。

スポンサーリンク

自由がない、外に出られないという条件がありますが、それでも生活の保証があります。

ノラ猫さん達の寿命は10歳くらい、これを越すことは難しいといわれています。

食べ物がない、病気、飢え、寒暖の差、このようなことが加わって、長生きできるという要素が少ないのです。

猫は元から体力がない動物です。

もともと体力的問題があるのですから、それに悪条件が重なれば、おのずと平均寿命も短いということになります。

頑張れ!ノラ猫さん達。

関連記事(一部広告含む):