招き猫は、なぜ首輪をしているのか?

招き猫は、幸せを運ぶ猫。

確かに家猫は、首輪をしている猫が多いのですが、ノラ猫さんは首輪をしていません。

招き猫と言うのは、首輪をしていますよね。

なぜなのでしょう?家猫だった、と言うことでしょうか。

日本では猫に首輪をするという歴史が、かなり古くからあります。

昔、描かれた猫の絵にも、その首輪が描かれていることから、昔から猫に首輪をつけていたことがよく知られています。

スポンサーリンク

以前は首輪、と言う言い方ではなく、首玉、首たが、と言う言い方をしていたようですが、現在では首輪といわれています。

招き猫の置物が作られた時代には、既に多くの猫が、首輪をしており、また江戸時代には、赤い布を巻いて首輪にしていたという絵も現存していることから、招き猫の首輪も赤いものとして作られるようになった、と言うことです。

また招き猫は赤い首輪と・・そう、鈴をつけていますよね。

猫は昔、高級品で非常に珍しいペットだったとか。

その珍しいペットが逃げないように、首輪をして綱でつなぎ、さらに逃げてもすぐわかるように鈴をつけたのだそうです。

その姿を招き猫が継承しているのです。

日本文化を感じますね。

関連記事(一部広告含む):