吸い込まれそうな猫の目

猫の目は独特の特徴があります。人などは通常、黒目の部分が収縮する場合は丸いまま収縮するのですが、猫の黒目は細くなるのです。

明るい時は細くなっていて、よく『猫目』と言われるのはその細い目です。暗い時は丸くなります。また、驚いたり怖いと感じたりする時も丸くなるそうです。

明るいのに黒目が丸くなっていたら、怯えているのかもしれないので、そっと抱きしめてあげましょう。

ちなみに黒目の外側は、人のように白くはありません。金色だったり、青色だったりします。

毛の色と密接な関係があり、毛が茶系の猫の目は金色、などと決まっているそうです。左右で色の違う猫もいます。

スポンサーリンク

猫は少しの光さえあれば、暗いところでも見ることができます。これはタペータムという組織のおかげです。暗いところで猫の目が光るのもそのせいです。

暗闇の中でキラリと光る猫の目。その時は少し野性を感じてしまいます。

手作り招き猫を作っていたころ、素敵な猫グッズを頂いた頃がありました。猫に関する観察も鋭く、メールマガジンも見どころ満載です。猫好きな方は是非、どうぞ!

猫ブログの紹介 ⇒ 猫のおきて

関連記事(一部広告含む):