『匂い』と恋愛に関する実験を行ったのはスイスの動物学者、ベルン大学のクラウス・ヴェーデキント博士。

44人の男性にTシャツを2日間着用させ、その『匂い』を女性49人に嗅がせて反応を調べるという内容です。

もちろん女性には誰がどのTシャツを着たか分かっていません。

単純に『匂い』だけで好みと好みではない、という分別反応です。

その結果、それぞれの女性が好み、と示したTシャツの『匂い』を持つ男性は女性の持つ遺伝子型ともっともかけ離れた遺伝子型で、逆に好みではない、と示したTシャツ男性は女性の遺伝子型に近い遺伝子型を持つ男性であることが判明しました。

HLAは『匂い』に少なからず影響していると前述しましたが、これはHLAとフェロモン生成遺伝子が同じ染色体上にあるからです。

汗の『匂い』にはフェロモンが含まれている、なんて言いますが、けっして間違いではないのです。

この実験から分かることは、女性は無意識に『匂い』から、自分に少ない(あるいはまったくない)免疫反応システムを持つ遺伝子を嗅ぎ分け、自分と相手の免疫反応システムを持つ、より強い子孫を残そうとする本能が働いている、ということになるのであります。

男はよく女を直感的で判断する、といって軽視することがありますが、この実験からも女性の直感が子孫を残すという人類最大の課題に対して、いかに優れているか分かりますね。

ただし、すべての女性が自分にない遺伝子を求めた、というわけではありません。

その理由を次項で説明しましょう。

こんな記事も読まれています: