ペットが行方不明のペットロス

ペットが行方不明になり、突然、別れのときが来ることもあります。

帰巣本能がある動物なら迷子になっても帰ってこられますが、家を出たまま帰ってこれない動物もいます。

鳥ならかごから出てしまうと、なかなか戻ってきません。

小動物も逃げてしまえば、見つけるのも困難です。

猫などは死期を悟ると、人目を忍んでいなくなるとも言います。

よく電柱に貼られている『ペット探しています』という貼り紙。

飼い主の切実な思いが伝わってきますよね。

しかし、必ず見つかるとは限りません。

スポンサーリンク

そのようにしてペットと別れることもあるのです。

亡くなったのなら諦めもつくのですが、どこかで生きていると思えば、そんな風に割り切れないでしょう。

いつか帰ってくるかもと玄関を気にしていたり、残された物を片付けられなかったり。

鳴き声の幻聴が聞こえて、周囲を探し回ってしまうこともあります。

ペットを探してくれる探偵などに協力を求める人もいるでしょう。

ただし、行方不明になったペットが見つかる可能性があるのは、一か月以内です。

可能性は0ではありませんが、それを過ぎると、見つかる可能性は圧倒的に低くなります。

行方不明になってしまえば、そのペットが生涯を全うしたのかどうかもわかりません。

それ故、気持ちの整理が難しいのです。

生き別れになったペットは、『どこかで幸せに暮らしている』と思うようにしましょう。

迷子になったペットなら、優しい誰かが保護してくれている。

もしくは、野生に帰ったのかもしれない。

そこで第二の人生を謳歌しているのだ、と。

そう思えば、悲しみも和らぎます。

娘を嫁に出したように考えればいいのです。

いなくなったペットもあなたとの別れを悲しんでいるでしょうが、今は幸せにしているはず。

その幸せを祈って、別れを受け入れましょう。

関連記事(一部広告含む):