ペットロスを理解するということ

ペットロスは、皆が必ずなるものではありません。

ならない人の方が多いのです。

ならない人には、その悲しみが理解できないこともあります。

ペットを飼っていない人ならなおさらです。

『ペットが亡くなったぐらいで』なんて、軽く考える人も存在します。

体験しなければ、わかってもらえないのです。

身内の人間が亡くなれば、多くの会社では忌引きで休暇をもらえます。

葬儀などを行わなくてはいけないためというのもありますが、気持ちの落ち込みなども考慮してのものです。

スポンサーリンク

近しい人が亡くなれば、気持ちが仕事どころではなくなってしまうはずです。

同様に、ペットが亡くなったからと会社を休む人もいます。

周囲のペットを飼っていない人などからは、理解されないでしょう。

当然、人間のように忌引きは適用されません。

しかし、最近ではペットフード会社などペットに理解のある会社では、忌引きとして認められているところもあるのです。

そのように、ペットも家族の一員として認められつつあります。

そう考えると、ペットが亡くなる悲しみも理解できますよね。

家族との別れと同様なのですから。

ペットロスに陥った人に対して、『ペットぐらいで』なんて声をかけてはいけません。

家族が亡くなった悲しみを理解してあげましょう。

関連記事(一部広告含む):