子供がペットを飼いたがったら?

ペットロスにならないためにはどうしたらいいのか?

それはペットを飼わないことです。

子供の頃にペットを飼いたいと親にお願いしたけれど、『ペットは早くお別れの日が来るから』と断られた経験がある人もいるでしょう。

別れが辛いからというのは、わからなくはありません。

もしかすると、昔、ペットとの悲しい別れがあったのでしょうか。

確かに、飼わなければペットロスになることもありません。

子供に悲しい思いをさせたくないというのは、親なら当然の気持ちです。

しかし、その親心は本当に必要でしょうか?

スポンサーリンク

命を学ぶためには、ペットを飼うということは絶好の機会です。

自分よりも小さな生き物でも、温かく、ちゃんと生きている。

ペットから多くのことを学ぶはずです。

たとえ辛い別れがやってきたとしても、命の尊さ、命の重さを感じるでしょう。

子供の頃にそれらを学ぶことは非常に大事で、ペットとの関係を通じて、豊かな感情を持つようにもなれます。

また、子供は比較的ペットロスに陥りにくいのだそうです。

まだ心が柔軟な分、その別れを受け入れることができるのでしょう。

悲しい別れが来るかもしれませんが、それも含めてペットを飼うということです。

悲しみから遠ざけるだけが、教育ではありません。

様々な経験をさせてあげて、心を豊かにするのが教育です。

子供がペットを飼いたいと言ってきたら、頭ごなしに否定せずに、前向きに考えてあげましょう。

きっと、多くのことを学んでくれるはずです。

関連記事(一部広告含む):